走査型電気化学顕微鏡(SECM)

によるIn-Situ電気マッピングウェビナー

 

4月24日(火) | 14:00~15:00

セミナー詳細:

従来の電気化学STM, 電気化学AFMでかなわなかった局所領域の電気化学反応をBruker AFM probesが開発した専用プローブを用いて実現した例をご紹介します。これは、一般的なSECMと比較しても水平方向の分解能を一桁向上させることができます。また、この針を用いることで、これまで気中環境に制約されていた電気測定が溶液中で可能となります。In-Situの電気的なマッピングを可能にするBrukerの新しいツールを是非ご覧ください。

・AFMを用いた走査型電気化学顕微鏡の動作原理と特徴
・専用プローブについて
・PeakForce Tappingモードとの組み合わせにによるメリット
・アプリケーション例紹介
・液中電気測定への応用 など

* *
 
*
*
*
*
*
セミナー前にご質問・コメント等あればお聞かせ下さい。